(材料)

米・・・3合

ホシレンコ鯛・・・1尾(約500グラム)

塩・・・大さじ1杯(鯛に塗す       

だし昆布・・・10センチ位1枚    

生姜・・・一片(約5センチ)

醤油・・・大さじ2杯

焼酎・・・大さじ2杯

フル(ニンニクの葉)・・・1本

 

(作り方)

米を研いでザルに上げておく。

ホシレンコ鯛の鱗を取り、内臓を出して下処理をする。洗って水気を拭き、塩をして両面を焼く。

生姜は皮をむき、千切りにする。

フルは洗って小口切りに、出し昆布は両面をかるく拭いておく。

炊飯器に①の米と②のホシレンコ鯛、出し昆布、生姜、醤油、焼酎を入れ、水を3合の目盛りに合わせて炊く。

炊き上がったら、ホシレンコ鯛を皿に取り出す。頭、骨をはずして、小骨を注意深く除き、身を大まかにほぐす。

出し昆布を取り出し、⑥でほぐした身を炊飯器に戻して、フルを加え、裏打ちしてかるく混ぜる。

 

ホシレンコ鯛は、方言で「テーヌユ」と呼ばれています。

奄美諸島近海だけに分布する固有種で、普段は水深200メートル付近に生息。

12月から2月頃が繁殖期で、水深50から100メートルの浅瀬で産卵します。

大正10(1921)年2月、奄美大島を旅した民俗学者、柳田國男が『南島旅行見聞記』に「小湊は鯛のよくとれる所、除夜にたくさんとれしなり」と記しています。

奄美博物館の高梨修学芸員の報告によると、奄美市の小湊フワガネク遺跡から発掘した魚骨の魚名が「ホシレンコダイ」

6世紀後半から7世紀を生きた先人たちが食べていた魚を、現代を生きる私たちが食べていることに歴史のロマンを感じます。

ホシレンコダイで作った鯛飯。今が旬の魚なので、季節感をたっぷり味わうことが出来ます。